« KATO NEWS 94号 | トップページ | 踏切でのスムーズな走行 »

2007/01/03

レールの塗装の功罪

かなり以前に、レールを塗装していますが、実はポイント(ターンアウト)のところで若干動きがギクシャクしていました。

別件でポイントの通過がうまくいかないので、あれこれやっていたときに、なぜだか判りました。
ポイントを塗装するときに、さすがにフログ(可動部分)は塗っていないのですが、トング(レールが交差する部分)を塗っていました。通電のためレール上部の塗装ははがしましたが、車輪のフランジが乗る部分までは塗装をはがしていませんでした。このため、車輪がフログに乗り上げられると電気が流れなくなり、動きがギクシャクしてしまったようです。

早速、紙ヤスリで塗装を落とし、ゴミは掃除機できれいにしました。これで、ポイントでもスムーズな走行が楽しめるようになりました。


【鉄道模型 レイアウト レールの塗装 スムーズな走行】

« KATO NEWS 94号 | トップページ | 踏切でのスムーズな走行 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25859/13320469

この記事へのトラックバック一覧です: レールの塗装の功罪:

« KATO NEWS 94号 | トップページ | 踏切でのスムーズな走行 »