« レイアウトの収納場所 | トップページ | 踏切(その3) »

2007/01/04

切り通し(その2)

木粉ねんどで丘の斜面を造る正月休みも今日でおしまい。あまりレイアウト製作に時間を取りませんでしたが、切り通しの地面を少々。
ダイソーで見かける木粉ねんどで切り通しの斜面を埋めていきます。

土色に着色ダークアース(H72)でペタペタと塗っていきます。
筆はダイソーのナイロン画筆(平・12号)で、結構使いやすいです。100円ショップ様々ですね。

途中経過まだらになっても、それがまた実感的。
フラットブラウン(XF-10)も使いましたが、こちらは赤土といった感じで。
小さな丘なので、簡単ですね。

切り通しを通過する小田急2200レイアウトというと"山とトンネル"がお決まりですが、造るのは思ったより簡単で、なおかつ空間も埋まるということかと。小型レイアウトでも建物だけで一杯にするのは結構しんどいですから。

今回の地面は紙ねんど系ですが、次はプラスタークロス系に挑戦してみたいです。


【鉄道模型 レイアウト 切り通し 地面 ねんど 着色】

« レイアウトの収納場所 | トップページ | 踏切(その3) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25859/13332112

この記事へのトラックバック一覧です: 切り通し(その2):

« レイアウトの収納場所 | トップページ | 踏切(その3) »