« 丘から山へ | トップページ | Smartのワイヤレスプロードバンド、しばしば中断 »

2008/05/29

日本のGSM対応携帯

仕事がら、日本からのお客さんが若干来るのですが、こちらでの連絡手段に日本の携帯電話の海外ローミングを利用されているケースをよく見かけます。

日本との連絡には最適かと思いますが、現地の人とのコミュニケーションは期待できません。それどころか、「電話をかけるな」といっているに等しいと思います。国際電話扱いで、電話代バカ高ですから。

よく、「途上国の人はいい加減だから、連絡もしてこない」と思うことがあったのですが、今では、「いい加減ではなく連絡手段がないからなのだ」と理解しています。

郷にいれば郷に従え。

海外旅行や出張の多い方は、ノキアかサムスンの安い携帯電話を購入して、現地の人と同じ携帯会社のプリペイドSIMを利用するのがよいと思います。有効期限が切れたら、またSIMを購入すればよいのですから。

日本は3G対応携帯電話の普及が進んでいますが、SIMロック端末ばかりでは、海外に持っていっても現地の人から電話がかかってくることは期待できないですね。

ちなみに途上国では(フィリピンでさえ)パソコンの普及もこれからです。「メールを見てない、メールに返事がない」も、同じ理由からだと理解できますよね。

« 丘から山へ | トップページ | Smartのワイヤレスプロードバンド、しばしば中断 »