« 常時点灯対応(2) | トップページ | レイアウトにLED照明 »

2016/03/19

KATO キハ35 室内灯の取り付け

手元のキハ30(T)と編成を組むため、キハ35(M)一般色を購入。キハ30と同様、室内灯を追加しますが、PWM方式のパワーコントローラーを作製したので、ネット上の先人の知恵を拝借して、常時点灯対応に挑戦。


KATOのLED室内灯クリア(11-211)を、常時点灯対応に。ダイオードブリッジの後に1μF50Vのセラミックコンデンサを追加。コンデンサのリード線とLEDの端子に半田メッキしておいてから取り付け。
コンデンサが基板からはみ出すと、窓ガラスの内側に当たって車体がきちんとはまらないので、ご注意を。



キハ35とキハ30で比較。コンデンサひとつで、大きな違い。



キハ30にもコンデンサを追加しました。

続く。。

« 常時点灯対応(2) | トップページ | レイアウトにLED照明 »