« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/31

【16番】HOユニトラック手動ポイントP490(その2 )

直線部分を198mmに短くした手動ポイントP490ですが、少しの追加作業でユニジョイナーが使えるようになりました。


直線部分をフレームぎりぎりのところで道床だけ切断します。


元々の接続部を再利用します。枕木2本目のすぐわきでちょうど良い長さになりました。





曲線側の道床を少し削ると、うまくつながります。補強のため、裏からタミヤセメント(流し込みタイプ)で接着しておきます。


左右とも完成です。

続く。。

2016/07/25

【16番】最小半径の確認

常置場所が確保出来ていないので構想の域を出ないのですが、16番小型レイアウトを検討中です。


R370の内側にフレキシブルレールでR300程度の曲線を仮置き。
トミックスのコキ50000は台車の回転が足らず、脱線。


KATOのワム90000は余裕でOK。


KATOのワム80000は車長が長いですが、こちらも問題なし。


エンドウの旧型チキ7000は、台車の回転とカプラーの首振りがぎりぎりです。また、本体が金属なので、ショートの有無を再確認です。


トラムウェイのDD16は問題なし。


カツミの旧型キハ30は単行では問題なしですが、、


20m級同士のすれ違いは、要確認です。

続く。。

(2016/12/4 ワム70000をワム90000に訂正。)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »