« 【16番】ED71(モーター交換&DCC) | トップページ | 【16番】KATOコキ104の急カーブ対策 »

2016/12/04

【16番】半径295mmの急カーブ(その3)

工場への引込線のためにR295-45相当のカーブを追加しました。併せて、バラストも撒いてみました。


バラストはモーリンのRストーンNo.455(1/87バラスト幹線用)で、HOユニトラックに近い色味に仕上がったと思います。多少粒は粗いですが、KATOのユニトラック用バラストではNゲージ用なので細かすぎるようです。バラストの固定は木工用ボンドでも問題ないのですが、今回はモーリンのスーパーフィックスを使いました。


アサヒペンのカラーパレット水性マーカー(コーヒーブラウン)でレールを塗装し、一部タミヤの墨入れ塗料(ブラウン)で枕木をウェザリングしました。道床の肩の部分は、スーパーフィックスの原液をそのまま塗って、バラストをまぶしておきます。枕木の間にもバラストを撒いて霧吹きで湿らせた後、3倍程度に薄めたスーパーフィックスで固着しました。


フレキシブルレールの枕木のプラ感が残っているので、次に作る時は、初めにつや消しクリアーを拭いた方が落ち着くかもしれません。

続く。。

« 【16番】ED71(モーター交換&DCC) | トップページ | 【16番】KATOコキ104の急カーブ対策 »