« 【16番】ED71 | トップページ | 【16番】半径295mmの急カーブ(その3) »

2016/12/04

【16番】ED71(モーター交換&DCC)

ED71の整備を進めています。缶モーターに交換した上で、DCC対応としました。


先づは缶モーターを準備します。4年以上前に購入していたものです。


軸を切断する時は、軸受に不要な力がかからないように、軸側をペンチでくわえています。気休めですが、ネオジオ磁石で少しでも鉄粉が飛び散らないようにしました。


インサイドギアを調整します。スムーズに回転するように、シリコングリスを塗っておきます。


配線はラグ板で繋げるようにしました。
絶縁側の車輪が台車に触れてショートしていましたので、台車の裏側を少しだけ削りました。


DCC対応とするため、KATOの電車型動力用デコーダEM13を使います。プリント基盤にリード線を付けて、熱収縮チューブで絶縁しておきます。モーターにつながるオレンジとグレーの代わりに、手持ちの黄色と白を使っています。


仮接続して、DCCの動作を確認します。デコーダの初期アドレス値は03です。


それぞれの配線をつなげて、マスキングテープで絶縁します。


カプラーは、天賞堂KDカプラーNo16に交換します。若干高いですが、スカートに当たってこれ以上は下げられませんので、良しとしました。


残念ながら、低速時にフログのところで止まります。台車枠が固定で自由度がないため、レールに追従せず、集電が上手くいかないようです。解決策の検討が必要です。

続く。。

« 【16番】ED71 | トップページ | 【16番】半径295mmの急カーブ(その3) »