« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/20

【16番】カーブでも使える?100均で揃えるKATOユニトラック用のアンカプラー

ネオジム磁石のアンカプラー、一番初めに見かけたのは、海外のWebだったと思います。100均の商品でKATOユニトラック用のアンカプラーを作ったので、メモしておきます。

続きを読む "【16番】カーブでも使える?100均で揃えるKATOユニトラック用のアンカプラー"

2017/05/07

【16番】側線と引込線のあるデスクトップ小型レイアウト

手持ちは少ないのですが16番の車輌も走らせるため、130cm×90cmのテーブルにKATOユニトラックを広げています。R370のカーブとP490手動ポイントが主体ですが、手作りのR295や端数線路で変化を付けています。


120cm×90cmに「側線と引込線のあるプラン」を組んでみました。


R370の本線の内側はR295の側線です。両端で本線に合流しているので、機回しが可能です。


側線の端から引込線が分岐し、工場?の敷地内に続いていきます。




ガーダー橋を通して"外の世界"につながります。

時間切れで、車両は出せませんでした。

続く。。

2017/05/04

カプラー交換(micro trains #1510)

KATOの2軸貨車にはMT-10ですが、手元にmicro trains の#1510があるので、タム500に取り付けてみました。


左手が#1510、右手がMT-10です。


細かい部品を組み立てていきます。



木片に両面テープを貼って、作業台とします。トリップピンはラジオペンチで押し込みます。


スプリングは、飛ばさないように。この後、蓋を閉めれば出来上がりです。


一仕事、終わりました。


アーノルドカプラーを外しただけでは、カプラーの位置が低すぎるので、床板に直接取り付けるよう、台枠をカットします。



少量のクリアーボンドで取り付けました。適当な長さの1.2mmφのネジがあれば、ネジ止めも可能かと思います。

MT-10に比べると、連結間隔を若干狭くすることが可能です。また、カプラーポケットの調整が不要な分、トリップピンの調整に集中出来そうです。

続く。。

国鉄コンテナ 戸口から戸口へ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »