« 【16番】カーブでも使える?100均で揃えるKATOユニトラック用のアンカプラー | トップページ | 【16番】TER チキ2500(台車枠交換) »

2017/06/11

KATOスハ43旧型 室内灯の取付け

KATOのスハ43旧型に、LEDテープの室内灯を取り付けたので、メモしておきます。


KATOのEF57旧型を買った時に、スハフ42と合わせて買ったと記憶しています。



元々付属している台車集電板を組み込みます。


本体の分解です。屋根から外しますが、つめが片側に3か所あるので、側板を内側から外側へ広げるようにして外します。


スハ43には、0.1mm厚の燐青銅板で集電シューを作りました。



スハフ42には、ウェブでの先人方の記事を参考に、GMの集電シュー(TR210用)を利用しました。


室内灯には電球色(3000K)のLEDテープを使いますが、そのままでは明るすぎるので、150Ωのチップ抵抗を1kΩに付け替えています。片側に極性反転のダイオードブリッヂ、もう片側に常時点灯対応のための1μFのセラミックコンデンサをつけます。


LEDテープは、屋根に貼り付けました。


心地よい明るさに、癒されます。但し、転がり抵抗の増加とチラつき対策が、新たな課題となりました。

続く。。

« 【16番】カーブでも使える?100均で揃えるKATOユニトラック用のアンカプラー | トップページ | 【16番】TER チキ2500(台車枠交換) »