« PICマイコンで電子工作(その2) | トップページ | PICマイコンで電子工作(その4:ワンコインFLデコーダーに挑戦②) »

2017/09/24

PICマイコンで電子工作(その3:ワンコインFLデコーダーに挑戦)

PICマイコンにも慣れてきましたので、Web NuckyさんのワンコインFLデコーダをブレッドボードに作ってみました。

(参考)
・「ワンコインFLデコーダ4(One Coin FL Decoder 4)Ver4.1」(Web Nucky


先づは、オリジナルの再現です。PICマイコンはPIC12F683で、ピンの設定は次のとおりです。

・GP2:DCC信号入力(47KΩで線路(黒)に接続)
・GP5:F0F出力(470Ω+LED(白)を接続)
・GP4:F0R出力(470Ω+LED(白)を接続)


専用基板のように小型にはなりませんが、16番向けには問題ない大きさにまとまりそうです。


F0ボタンでのOn/Off、方向に応じてF0F/F0Rが点灯します。


次に、テープLEDの室内灯も点灯させたいので、FL Decoder 2を参考にF1出力を追加しました。ピンの設定は次のとおりとしました。

・GP3:DCC信号入力(47KΩで線路(黒)に接続)
・GP5:F0F出力(470Ω+LED(白)を接続)
・GP4:F0R出力(470Ω+LED(白)を接続)
・GP2:F1出力(Nch MOSFET(BS170@¥20)を接続)


テープLEDは、オープンになっているMOSFETのドレインと線路信号を整流した+12Vとの間につなぎます。


前後方向に加え、室内灯も点灯できるようになりました。

#有用な情報を共有して頂いているWeb Nuckyさんに、改めて感謝いたします。


続く。。


(2017/09/25:タイトルの修正)

« PICマイコンで電子工作(その2) | トップページ | PICマイコンで電子工作(その4:ワンコインFLデコーダーに挑戦②) »