« PICマイコンで昇圧回路(その2) | トップページ | DCCパルスの発生(その4) »

2018/12/22

クリック付きロータリーエンコーダーで4桁入力

ロータリーエンコーダーをクルクル回すのは楽しいのですが、さすがにDCCアドレス用に4桁数字を入力するのはしんどいので、タクトスイッチと組み合わせた入力にしてみました。



(参考)
クリック付きロータリーエンコーダーを試してみました。


タクトスイッチを1つ使って、ONの時は上位2桁、OFFの時は通常の4桁入力とするだけです。

入力は1〜9983で制限し、9983→001、001→9983(上位2桁設定時は、99xx→00xx、00xx→99xx)とRoll-up/downするようにしました。(Digitrax社のスロットルは持ってないので、少し動作が違うかもしれません。)

表示はD102/DCS51Kにならって、001〜127と0128〜9983で変化をつけています。









これで、4桁アドレスも問題なく入力できそうです。


続く。。

« PICマイコンで昇圧回路(その2) | トップページ | DCCパルスの発生(その4) »