2013/04/28

Logicool Ultrathin Keyboard mini (TM710HW)

1367152067900.jpg

iPad mini用にBluetoothキーボードを購入。
独立したホームキーやfn+の機能があって便利です。キーボードの配列は、右小指の部分を除けば、小型の割には使いやすいです。

web記事で書かれていなかった部分で、iPad mini本体にカバーを着けていると、写真のように立て掛けた時に、垂直になり過ぎて使いづらいです。
また、キーボードにはカバーがないので、底面は直ぐに傷つきました。

見た目に少しときめいたのですが、文章をそれほど書かないので、必要なかったかもしれません。

2012/12/23

【EM】GL04P

GL04Pのファームウェアが12/5にバージョンアップしたようで。今回のバージョンアップでNAS機能に対応。早速iPhone4sにも"GP02NAS"をインストール。年明けにはiPad miniが届く予定で、次の展開が楽しみ楽しみ。

2012/10/06

【em】GL04P

GL04Pのファームウェアの更新がアナウンスされています。
Pocket WiFi LTE(GL04P)ファームウェア更新について
1週間程使用してみましたが、スタンバイや圏外からの復帰、Wifiのon/offで固まることがなくなったと思います。リセットの回数が激減してます。一方、スタンバイ時に無意味に熱を持つことが数回ありましたので、まだ改善の余地はありそうです。
バッテリーの持ちも十分なので、かなり使いやすくなりました。

2012/08/05

【EM】GL04P

Ubuntu 12.04にusb接続してみましたが、cd-romとして認識されました onz
Huaweiなので、そのうち対応してくれればいいのですが。。。

3gpp

モバイル端末・サービスの規格がLTE(Long Term Evolution)に集約されつつあるので、その規格を決めている3gpp(The 3rd Generation Partnership Project)の動きを見ると、今後どんな端末・サービスが出てくるのか、想像できるかもしれません。
というか、3gppで規格化されないものは市場に出てこないわけで、2chでの玉石混合の議論にも惑わされずに済むかもしれません。

3gppの資料は公開されていますが、あまりにも膨大なので、どこかにガイドがあるとうれしいです。
周波数関係の次回の会議は、R4-123700に議題がのっています。
3GPP TSG-RAN WG4 Meeting #64
Qingdao, P.R. China, 13-17 August, 2012
LTEとして、900MHz帯LTEと2.5GHz帯TD-LTEが挙げられています。
6.1.8.1 Introduction of LTE Band 8 to Japan
6.1.8.2 Band 41 requirements for the Japan 2.5G TDD band
LTE-Advancedとしては、2GHz帯⇔1.5GHz帯と800MHz帯⇔1.5GHz帯のCA(Carrier Aggregation)が議論されています。
6.9 LTE Advanced Carrier Aggregation of Band 1 and Band 21(Class A5)
6.10 LTE Advanced Carrier Aggregation of Band 11 and Band 18 (Class A5)
それぞれ予定の範囲内だと思いますが、実際のサービスとして公表されるのはいつのことでしょうか。

(追記) LTE-Advancedの2GHz帯⇔800MHz帯のCAは、#62BisでCR(Change Request)が合意されていました。RA-121632

2012/07/28

【EM】GL04P



GL04P購入しました。加入料込みで96,270円/2年です。今週半ばから、初期費用が無料となっています。
無駄なく使い切ろうと思います。

LTEのスピードは程々で、時間と場所で大きく異なります。私の所では、37.5Mbpsがでることはありません。

2012/04/02

iPhone4s

ついに買いました、iPhone4s。香港版のSIMフリーです。


ところが、マイクロSIMがないと、アクティベートできない、とのことで、急遽、マイクロSIMを作成です。


犠牲となったのは・・・、


TELKOMSELのSIMで、既にvoidです。


無事iPhone4sが立ち上がりました。


早速、いろいろなアプリをインストールしています。



2012/01/15

モバイルはバッテリーが命です

SharpのWS027SHとNokiaの5800XMのバッテリーが、どちらもいかれました。持ち時間が極端に短くなったのと「ぷっくり」膨れた感じで、さすがに交換です。
SharpのEA-BL18は、使い道のないWillcomのサービスコイン12枚使って2つ入手。Nokia向けのBL-5Jは、MOMAXの互換品をMOUMANTAIから購入。
「バッテリーがへたったら機種交換だよ」というのは、ガラケー自転車販売時代のプロパガンダ。新興国マーケットに進出したいのならば、互換品でも構わないから周辺機器を長期サポートしないと、消費者からそっぽ向かれるのは必定か。

2011/10/22

5800XM with V60.0.003

ソフトウェア・アップデートに予期しないお知らせが。


データを消失するリスクをあまり考えずに、アップデート。


結果OKで。
Netで確認すると、ブラウザーの速度が早くなるとのことで、確かにそのようです。若干、インターフェースも変更されています。

世の中に「スマートフォン」の定義は色々ありますが、「発売して数年後も、OSが更新される」というのを定義の一つに加えたいと思います。




2010/10/11

URoad-7000SSはボトルネック?

WiMAXとWiMAX2の技術仕様にもあるように、UQ WiMAXは最大で下り40Mbps/上り10Mbpsなのだが、Innovative Ubiquitous World Leader : ModacomをみるとURoad-7000SSのスループットは最大で下り30Mbps/上り6Mbpsとな。URoad-7000SSが実は律速段階だったのか?そもそもそれで十分な性能なのか?
話し変わるが、上り16QAM3/4を64QAM5/6にしたら、今以上に部屋からつながらなくなるのではないだろうか?うーん、技術の判る人に小一時間教えてほしい。。。