2017/11/26

PICマイコンで電子工作(その15:反射型光センサーをファイントラックに組み込む)

オープンコレクタ型の回路使った反射型光センサーを、ふたつ並べてファイントラックに組み込んだので、メモしておきます。車輌検知に加えて方向や速度が確認できるかどうか、今後の検討課題です。




続きを読む "PICマイコンで電子工作(その15:反射型光センサーをファイントラックに組み込む)"

2016/08/17

差掛け屋根

トミックスの木造駅舎に差掛け屋根がほしいと思っていたのですが、やっと少し工作できました。


GMの瓦屋根を必要な大きさに切断します。


三方向に1mm角のプラ棒で梁を表現。母屋の部分は0.5mm厚のプラ板を念のため。


1.5mm角のプラ棒で柱と梁を作成。


屋根に接着。柱は1mm角のプラ棒で補強。





ホームに仮置き。少し背が高いか。私の技量ではこの位が限界。塗装はまた後日。

続く。。

2016/08/07

山肌の着色②

少しずつですが、作業を進めています。









続く。。

2016/08/01

プラスター作業②

レイアウト裏側に残っていた山肌と地面のプラスター作業を、やっと終えました。







続く。。

2016/06/01

山肌の着色

プラスター作業が終わった所から、着色を進めます。


お菓子のトレーに、つや消し水性アクリル絵具を準備。


怪しい色の山肌となりました。



薄めの溶液が垂れるように塗ったところイメージと異なったので、色を置いていく感じでぬりなおしています。
窪地や山裾には赤茶色を上から置いて。岩肌にするところは灰色を横から置いて、さらに白灰色でエッヂをハイライト。その他のところは茶色か黄土色を上から置くように塗っています。
まだまだ修行が必要です。

続く。。

2016/05/07

プラスター作業

連休中、レイアウト工作を少し進めました。








続く。。

2016/04/17

アンカプラー線路

側線のひとつを駅の脇の工場への引込線に見立て、貨車の入替えが出来るよう、アンカプラー線路を追加しようと、四苦八苦してます。






KATOのアンカプラー線路に交換。固定線路とユニトラック、両方のアンカプラー線路を使っています。確実にD/U(遅延解放)するためには、まだまだ、トリップピンの調整が必要なようです。


続く。。

2016/04/05

バックドロップ

ネット上で公開されている画像をA4コピー用紙に印刷して、ダンボールに貼って背面に仮置きしただけですが。





続く。。

2016/03/21

レイアウトにLED照明

レイアウトを壁や窓際に置くと、部屋の天井の灯りだけでは、自分の影が出来てしまうので、照明を追加することに。


Amazonで購入した白色LEDテープ。


お決まりの点灯チェック。予想どおり青白い。


12×12mmのアルミアングルに貼り付け。コネクタの部分はボンドでしっかりと。


LED3個に2個をタミヤカラーのアクリルのクリアオレンジ(X-26)で色付け。


アルミアングル自体を両面テープで貼り付け。耐久性には疑問あり。


青白さが抜けないので、すべてのLEDをクリアオレンジで色付け。


今度はまともになりました。

続く。。


2016/03/14

常時点灯対応(2)


コントローラーを手に持って運転できるように、小さなケースに押し込んでます。出力側はKATOのフィーダーに合わせました。


常時点灯にはなりましたが、動き出してからの方が明るいです。
次はレイアウトへのつなぎ込みです。

続く。。